ルブタンの商品ナビ



ルブタンのネット通販店舗を見る>>

 

ルブタンとは

ルブタン(クリスチャンルブタン)とは主に、
靴やバッグなどの商品を取り扱っているブランドである。

靴といっても様々でルブタンの商品には、
パンプス、ブーツ、サンダル、ウェッジサンダル、バレエ、
アンクルブーツ、ミュールなど多くのバリエーションを揃えている。ももえりも愛用してるね。

特に最近ルブタンで人気があるのはバレエシューズだろうか。


ルブタンは素材や形にも大変こだわっているようで、
エナメルを使ったりウエッジソールを使ってみたりリボンを
装飾してみたりと他のブランドよりも工夫が多く感じられる。


ルブタンの取扱店などでは靴底や靴修理なども行っておりフォローもできているようですね。さくりなも履いてたよ。
新作の商品もルブタンの店舗では早めに予約することもできるようだし
セールももちろん行われています。

ルブタンの安いショップはここ


ルブタンの商品はネット通販などもよく見かけますし、
ホームページ、ブログなどで探してみることもできますね。
ネットであればルブタンの新品や中古に限らず
たくさんの商品がみつかるはずです。

ルブタンの靴の種類

ルブタンの靴といえばパンプスに注目が集まってしまいますが、
ルブタンはサンダルやブーツなどの靴も
様々なデザインの商品があります。

自分自身を職人であると公言しているクリスチャンルブタンですから、
発売される商品はとてもクオリティーが高いです。

ディオール、シャネル、サンローランなどの有名ブランドで
修行をしてきているだけにルブタンの靴にはどこか気品が漂ってみえます。

オシャレは足元からと言われるように、
靴をルブタンにすることで大人っぽい高貴な雰囲気を
醸し出すことができますね。

いろんなブランド商品があるので悩んでしまいますが、
ルブタンの靴を選ぶことをお薦めしたいと思います。

ルブタンの靴はデザインが美しいこともポイントですが、
人気が高いこともあってなかなか手に入りにくいので
希少価値が非常に高いのです。

履いているだけで注目を集めそうですね。

長時間履いていても疲れにくいことでも有名ですから
ファンが多いのも納得できますね。

ルブタンのパンプス

ルブタンのパンプスは今や大人気となっていますね。ルブタンはパンプスを昔から販売していましたが、芸能人やセレブがよく履くようになってから一般にも知名度が浸透してきたといえます。

芸能人でよく履いているのは浜崎あゆみなんてよくテレビや雑誌などでルブタンのパンプスを履いているのを見かけます。

浜崎あゆみのイメージにはぴったりのイメージではないでしょうか。

ルブタンのパンプスはクールでかっこいい大人の人がよく似合うデザインのものが多いので憧れる人も多いのではないかと思います。

値段も高価なのでブランドイメージも手伝って、ちょっと敷居が高い感じがありますね。

それでも現在ではルブタンに新作のパンプスが入荷されたりすれば、たちまちに売り切れとなってしまいます。

欲しくても商品が手に入らない状態の人も出てきている始末です。


このような状態にならないためにも、ルブタンのパンプス新作情報をいち早く仕入れる必要性があります。

ショップ店員さんと仲良くしておくのもいいでしょう。新作が入るとなれば連絡をしてくださる方もいます。

もしくはネットや雑誌などのメディアをマメにチェックしておくことです。

特に近くにルブタンを取り扱ってい店舗がない場合はインターネットは必須となります。

ネットをうまく使って好みのパンプスをゲットしましょう。

ルブタンに裏張りをしない場合

ルブタンに裏張りをしない場合について書いておきます。
またこれはあくまで個人的な意見ですが、ルブタンに裏張りをする、しない
は自由だと思っています。

ルブタンに裏張りをしない場合のデメリットとして、
靴底がボロボロ削れていきます。これはしょうがないことですが。

それがイヤなのであれば、ルブタンに裏張りをしてあげると良いでしょう。
ただ、裏張りをするデメリットは前回の記事に書いてある通りです。

ルブタンに裏張りなんてしないよ、という方は
つま先の数センチだけは裏張りしておいたほうがよいと思います。

というのも靴の先はダメになりやすいからです。
ルブタンを大切にしていこうと思うのならば、つま先だけしておきましょう。

メリットとしては、ルブタンに裏張りなどをしないので素足でも十分履くことができますね。素足で履きたいという方も多いはずです。

靴底が革のままなので、きちんと通気性なども考えられて作られてあるので
是非いろいろな履き方に挑戦されると良いと思います。

ということで、ルブタンに裏張りするのかしないのか、
これは個人の好みでよいと思っています。

ルブタンのデザインを重視する人は、裏張りをしておけばよいし、
履き心地や性能を重視する人は、裏張りをしなくてもいいし、
ただつま先はしておいたほうが良いかと思います。

ルブタンに裏張りする場合

ルブタンの魅力は靴裏の赤といってもいいでしょう。
このルブタンの靴裏の赤い色に惹かれてファンになった人はかなり多いと思います。ルブタンは高級な靴ですが、裏張りを張るか張らないか、どうすればいいかわからないという方のために説明をしておきます。

個人的にはルブタンに裏張りするかしないかは、どちらでも良いと思っています。
あくまで個人的な意見を言わせてもらえばです。

そこでルブタンの裏張りについて
メリットとデメリットをいくつか挙げておきますので
お好きな方を判断されてはと思います。


まず、裏張りをするときの場合ですが、これはもう靴底が痛まないので
長持ちしやすいですね。アスファルトもガンガンルブタンを履いていても
恐れずに歩けます。そしてルブタンに裏張りしたほうが歩きやすいと思います。

ただ、裏張りする場合は新品の状態でなく数回履いて、靴底が少し削れてからで良いと思います。これは新品の状態でルブタンをリペア屋に持っていっても
少し靴底を削られるからです。

ただ、本来革靴に裏張りをするというのは、革の持ち味をなくしてしまいます。
ルブタンの靴に裏張りをしてしまうと、通気性も悪くなるので蒸れます。
湿気を取り除く効果も薄くなるでしょう。

なのでルブタンの靴に裏張りをする場合は、よく考えてからされると良いと思います。
あと裏張りのゴムに赤色があることを知らない人が多いので
赤色があるということを伝えておきます。